今日は鱧について

おはようございます。

最近ダイエットしてます。

10kg痩せた瓢亭の日下 博仁くさかひろひとです。

今日は鱧についての知識をアウトプットします。

鱧は、ウナギ目のハモ科です。

うなぎとの違いは味もしかり、気性の荒さだと

思います。

歯もするどく、細かい歯が

ノコギリのようにはえているのが

鱧の特徴です。

鱧は夜行性で、昼間は砂や岩場に

隠れています。

肉食でタコ、イカ、小魚、エビ

なんでも食べます。

ハモ1本に3500本の骨があり、

その内600本が小骨です。

丁寧な骨切りがとても大事になります。

鱧といえば関西。

京都も鱧で有名です。

祇園祭=鱧祭

といわれるほど、

夏の京都では鱧は絶対必要な食材です。

ちなみに旬は夏です。

産卵にむけて脂がのってくる

のが夏だからです。

なぜ京都で鱧が有名なのか。

それは、京都は昔魚の流通が

難しく困難でした。

新鮮な魚が生き絶えるなか、

鱧は生命力が高いので、

時間がかかる京都にも活きたまま

運べたことから、

京都では鱧をおしていたそうです。

すると、文化が創造され、

京都に行けば鱧食べよう

となりました。

瓢亭も負けずに

姫路に来たら瓢亭の鱧食べよう

と思ってもらえるように

精進します。