食べ合わせの地獄編

おはようございます!

瓢亭西二階町店料理長の日下です。

今日は

食べ合わせの地獄編

紹介します。

先日はうにといくら

について紹介しました。

両方造血作用に働き

かける食材なので、

貧血予防にいいと

紹介をしました。

今日は逆にしてはいけない

なるべくならしないほうが

いい食べ合わせを紹介します。

それは、

シラスと大根おろしです。

シラスや魚全般には

必須アミノ酸リジン

含まれています。

リジンは、体の中で

合成できないので、

意識的にとらないと

いけないものです。

大根がもつ抗体が

リジンの吸収を妨げる

からです。
じゃあぶり大根はだめなの?
と思う方がいると思いますが、

加熱調理により

大根の抗体は

なくなります。

なので、大丈夫です!🙆‍♂️

逆に大根には

カリウムが含まれています。

カリウムは、

塩分の排出を

サポートしてくれる

効果があるので、

嬉しい食べ合わせに

チェンジしてくれます。

味の相性は良くても

栄養素の相性が

悪いという組み合わせ

でした。

ここまで読んでいただいて

ありがとうございます。