昆布締めについて

おはようございます!

瓢亭西二階町店料理長の日下です。

今日は、昆布締めを紹介します。

昆布締めは、

素材を昆布で挟みます。

これをすることでの

メリットは、

①素材に旨味を与えます。

②水分を昆布が奪うため

歯ごたえが良くなります。

むっちりした歯ごたえです。

③日持ちします。

④酢で煮た白板昆布を

使うとさらに日持ちします。

⑤魚以外でも野菜や肉類を

締めることもできます。

この5つがメリットと

なります。

西二階町店では、

天然ヒラメや、天然鯛など

昆布締めにします。
では、昆布締めのやり方

について紹介します。

今日は、鯛の昆布締め

を紹介します。

まず、バットもしくは、

皿に薄く塩を振り、

その上に皮をひいた鯛を

並べます。

そして、上から薄く塩をふります。

1時間置くと、水分がにじみでてきます。

臭みとりです。

鶏肉などにも使えます。

そして、水分を拭き取ります。

昆布をバットもしくは皿に

敷き詰めて、酒をふって

柔らかくします。

鯛を並べて上から昆布を

かぶせます。

3時間おいたら、味が

移ります。

そして完成です。

是非家庭でも

お試しください☺️

個人的にとても

好きな調理法です😙