アサリ汁をおいしくする方法

おはようございます!

瓢亭西二階町店料理長の日下です。

今日はアサリについて

紹介します。
アサリ汁をおいしくするポイント

①あさりの生死の見分け方

②砂抜き後に水からあげておく

③一個開いたら火を止める

です。

は、まず砂抜きする前に

貝同士をゴシゴシ強くこすります。

すると死んでいるアサリは、

貝柱の閉じる力が

弱くなっているので、

少し開きます。

そして、貝殻の汚れも

とれるので、

一石二鳥です。

アサリを砂出ししたあと、

ザルにきってキッチンペーパー

をかぶして

乾かないようにして

6時間から12時間

室温20度ぐらいの

ところに置いときます。

アサリはエラ呼吸なので、

酸素が取りいれなくなると、

旨味である、コハク酸

分泌して、旨味が7倍

アップします。

12時間以上置いておくと

コハク酸がですぎて

苦味になるので、

要注意です。

アサリは身が一個開くと、

あとは、余熱で大丈夫です🙆‍♂️🙆

そうすることで、身がふっくら

した仕上がりになります!

以上が、

アサリ汁をおいしくする方法です。

是非家庭でお試しください😙