ヒネポンとは

おはようございます!

瓢亭西二階町店料理長の日下です。

最近ヒネポン

すごく興味があり、

よく頼むんですが、

そもそも

ヒネポンの定義

ひね鶏🐔あまり卵を

産まなくなった親鶏を

ポン酢に漬け込んで焼く

というのが定義

なんですが、

すごく色々工夫されていて、

あるところでは、

ひねをフライパンで

しっかり焼いて

炭で燻して

香りをつけてから

ポン酢に漬け込む

店もあったり、
あるところでは、

ひねを一気に備長炭で焼いて、

表面にすすをつけて、

肉の中身はレアめに

仕上げて

お客様に提供する前に

さっと温めて

ポン酢をかける

というもので、

鶏肉の新鮮さと味を

最大限に活かした

ひねぽんで

すごく美味しかったです。

特に今の時期は

付け合わせで

新玉ネギスライスが

ついているので

おいしいですよね。

是非興味のある方は

注文してみてください☺️