春分の日のお彼岸

おはようございます!

瓢亭西二階町店料理長の日下です。

皆様、春分の日に

ぼた餅は食べたでしょうか。

今日は、春分の日の

お彼岸

つまり、

御墓参りについて

お話します。

春分の日になぜ

お彼岸をするかというと、

春分の日は太陽が

真西に沈みます。

真西には極楽浄土が

あるとされており、

一年で最も太陽が極楽浄土に近づく

ため、お彼岸をします。

春分の日を挟んだ

前後7日間なら

大丈夫です。
なんのためにするのか

知るか知らないか

では全然違います。
まとめると、

春分の日とは、

休みの日という認識から先祖を

敬い、自然や生物をいつくしむ日

なんですね。

意義のある1日にしていきましょう!

ここまで読んでいただいて

ありがとうございます!