春分の日の食べ物

おはようございます!

瓢亭西二階町店料理長の日下です。

皆様、春分の日は

いかがお過ごしでしょうか。

春分の日とは、

国民の休日

思っている人いると思います。
昼と夜の時間が同じになる日とも

いいます。

実際には昼のほうが長い

みたいです。
春分の日の食べ物

それは、

ぼた餅です。

なぜ、ぼた餅かと言うと

ぼた餅に使われるアズキが

朱色だからです。

朱色には邪気を払う力が

あるとしてご先祖に

アズキを使ったぼた餅を

お供えします。

もちろん、僕たちも

食べます。
ちなみに、

ぼた餅とおはぎは同じ食べ物です。

食べる季節によって

呼び方を変えます。

牡丹餅、お萩

漢字にしたら、

わかりやすいです。

牡丹は春に咲きます。

萩は、秋分の日に

お供えします。

まとめると、

春分の日には、邪気を払うために、

牡丹餅をお供えし、食べます

読んでいただいてありがとうございます!